FC2ブログ

最近

体がちょっと重たい感じがします。

確かに睡眠時間が少ないことの影響もあるのでしょうけど。。

しゃきっとして仕事やプライベートに励みたいですね!
スポンサーサイト



体調には特に留意しましょう!

                    


上記のバナーは、うつ病や自律神経失調症の辛い症状(不眠症・嘔吐・下痢・頭痛・肩こり・倦怠感・耳鳴り・動悸など)で悩んでる人の問題を今までに無い新しい視点で解決する秘密の療法“バラ整”の知識編です。心の病の種類、原因、症状、うつ病・自律神経失調症の療養法や克服法、その他代表的な症状(不眠症・頭痛)の療養法や克服法を詳しく解説しております。

知識編購入者には、”バラ整”実技指導解説版DVDを
ご優待価格で購入出来ます。


よかったらぜひ実践してみてください。
いまなら特別価格で購入できます。

健康に留意しよう!(メタボ対策等)

みなさん健康には気を使っていますか?
メタボ(メタボリックシンドローム症候群)という言葉がサラリーマン川柳にもよく登場することが多くなっていますが、それは裏返していえば、自分の健康(体型等)について考える機会が多いからだと思います。
メタボだからダイエットをする、メタボだから食生活を改善するなど、テレビコマーシャルでもメタボ関連の商品が数多く露出しています。
私は30代男性ですが、メタボの基準からいえば該当しないですが、メタボの基準に当てはまってしまうと高脂血漿や糖尿病などの生活習慣病の予備軍としても認識されるため、そうならないようにいろいろ工夫しています。
その例がマラソンですね。フルマラソンを毎年の恒例行事として行うため、やはり参加するには、それなりに走る練習が必要です。(逆に太っていればフルマラソン走れません( 一一))
また、普段の日常生活においても、ちょっとした待ち時間があれば体をひねる作業をいれたり、体の関節などを意識して動かしたり、歯磨き中にスクワットしたり体を動かすことをしています。

あとは、メタボリック解消ガイドなどを利用して、メタボに関する知識を持つこと。メタボになるとなぜいけないのかとか、メタボを知ることによって対策もとれますから。。
健康はいいうちは意識しませんが、やはり悪くなるとなかなか元通りにもどすには簡単には戻りませんからね。メタボにならないように普段からできることをやるのが一番だと思います。
メタボリックシンドロームってなに?
メタボリック危険度チェック!

↑Page Top↑